1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 厳罰化で損壊抑止 県文化財保護条例改正へ

厳罰化で損壊抑止 県文化財保護条例改正へ

政治行政 神奈川新聞  2018年11月21日 11:08

神奈川県庁
神奈川県庁

 県内外で文化財などの損壊行為が相次いでいることから、県は県指定重要文化財などを壊した場合の罰金額を引き上げる。6月に文化財保護法が改正されたことに準じたもので、県文化財保護条例の改正案を開会中の県議会第3回定例会に提案する。

 改正案では、文化財などを損壊した行為者を「所有者」と「所有者以外」に分け、それぞれ異なる罰金額を定める。

 県指定重要文化財(有形252件、有形民俗18件)と県指定史跡名勝天然記念物(計89件)を壊した場合の罰金は、現行ではともに5万円以下だが、改正案ではいずれも所有者以外は30万円以下、所有者は15万円以下に金額を上げる。また、無許可で現状変更などをした場合の罰金も、現行の3万円以下から15万円以下とする。

 県内では、2017年に県指定天然記念物の「益田家のモチノキ」(横浜市戸塚区)の一部が所有者の関係者によって伐採されるなど、文化財が傷つけられる事案が発生している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地