1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 台風被害再建補助など18億円 県11月補正予算案

台風被害再建補助など18億円 県11月補正予算案

政治行政 神奈川新聞  2018年11月21日 02:00

神奈川県庁
神奈川県庁

 県は20日、台風24号で被災した農業者の施設再建補助などを盛り込んだ総額18億2千万円の2018年度一般会計11月補正予算案を発表した。県指定重要文化財の損壊などに対する罰金額を引き上げる条例改正案など38議案とともに、開会中の県議会第3回定例会に提出する。

 農業被害に対する支援は、強風で損壊したビニールハウスなどの復旧経費の一部を国や県が補助する内容で、総額は4億913万円。補正予算案には、来春の知事選と県議選の準備経費(12億6156万円)や東京パラリンピック事前キャンプ受け入れに向けた星槎大箱根キャンパスの施設整備補助(3988万円)なども盛り込んだ。

 また、旧県立ひばりが丘学園で入所児が心肺停止状態となった事故の損害賠償請求訴訟で、横浜地裁の和解勧告に従い計3千万円を支払う方針を決定。県警の速度違反取り締まり中に車が破損した損害賠償請求訴訟では、東京高裁の和解勧告に従うことを決め、それぞれ和解案を提出する。


シェアする