1. ホーム
  2. 選挙
  3. 【二宮町長選】村田氏が再選 2新人を破る

【二宮町長選】村田氏が再選 2新人を破る

選挙 神奈川新聞  2018年11月18日 22:22

二宮町長選で再選を果たし、支持者と万歳する村田邦子さん(前列中央)=18日午後10時25分ごろ、二宮町二宮の選挙事務所
二宮町長選で再選を果たし、支持者と万歳する村田邦子さん(前列中央)=18日午後10時25分ごろ、二宮町二宮の選挙事務所

 任期満了に伴う二宮町長選は18日投開票され、無所属で現職の村田邦子氏(61)が、いずれも無所属の新人で元町議会議長の添田孝司氏(67)と元町議の脇正文氏(62)を下し再選した。

 村田氏は将来的な人口減社会を見据えた上で「子育てしやすい町」を公約に掲げたほか、公共施設再配置による行政コストの削減を主張。町庁舎の移転計画や東京大学跡地活用を2期目の課題として挙げ、町政の継続を訴えた。地道な草の根の活動で女性票を中心に幅広い支持を得た。

 添田氏は「場当たり的」と村田町政を批判し、事業の見直しによる財政再建を主張。脇氏も村田氏が1期目に掲げた退職金廃止の公約を果たしていないことを指摘した。しかし、保守層の支持や現町政への批判票を固めきれなかった。

 投票率は56・94%で、前回の60・79%を3・85ポイント下回った。当日有権者は2万4690人(男1万1890人、女1万2800人)。


二宮町役場(資料写真)
二宮町役場(資料写真)

シェアする