1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 鎌倉市副市長に知事秘書・千田氏 松尾市長が起用意向

鎌倉市副市長に知事秘書・千田氏 松尾市長が起用意向

政治行政 神奈川新聞  2018年11月16日 02:00

千田 勝一郎氏
千田 勝一郎氏

 鎌倉市の松尾崇市長が、新たな副市長に知事特別秘書の千田勝一郎氏(47)を充てる意向を固め、関係者に伝えたことが15日、分かった。松尾市長は状況を見極めた上で、12月5日開会予定の市議会12月定例会に人事案を提出するか、最終判断するとみられる。複数の関係者が明らかにした。

 千田氏は大手商社勤務を経て松下政経塾に入塾。参院選に出馬したほか菅義偉官房長官(衆院2区)の秘書を務め、黒岩祐治知事が初当選した2011年に知事の政務を担う特別職・特別秘書に就任。県政史上2人目の特別秘書として、約7年にわたって黒岩県政を中枢で支えてきた。

 市は政府の「SDGs未来都市」に県とともに選ばれたほか、JR東海道線の「村岡新駅」周辺開発と絡む市内の深沢地区整備などを抱えており、県との連携や調整の必要な案件が少なくない。松尾市長はこうした現状を踏まえ、千田氏の抜てきで県や国とのパイプを強めながら、まちづくりを促進させたい考えがあるとみられる。

 市の副市長は小礒一彦氏が務めており、市議会の同意が得られれば、2人態勢になるとみられる。


シェアする