1. ホーム
  2. 話題
  3. ワイン風呂で「乾杯」 30日まで箱根・ユネッサン

ワイン風呂で「乾杯」 30日まで箱根・ユネッサン

話題 神奈川新聞  2018年11月16日 02:00

ボージョレ・ヌーボー風呂の“解禁”を祝う来館者ら=箱根小涌園ユネッサン
ボージョレ・ヌーボー風呂の“解禁”を祝う来館者ら=箱根小涌園ユネッサン

 温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」(箱根町二ノ平)で15日、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の解禁に合わせた「ボージョレ・ヌーボー風呂」が登場した。30日まで。

 風呂で使用するボージョレ・ヌーボーを製造するラブレ・ロワ社のマルタン・ロメインさん(55)は「天候に恵まれ、フルーティーで甘みのある香り、バランスのいい味わいに仕上がった」と、ことしの出来を評価。「普段ワインを飲まない人も、風呂を通じワインに触れる機会にしてもらえたら」と話す。

 この日は来館者約30人がワインやブドウジュース入りのグラス片手に乾杯。ソムリエがワインを風呂に投入するパフォーマンスも披露され、芳醇(ほうじゅん)な香りに酔いしれた。

 茨城県の女性(21)と東京都の女性(22)は「普段ワインは飲まないが、フルーティーで飲みやすかった。お風呂も色がきれいで、さらさらして気持ちよかった」と話していた。

 ボージョレ・ヌーボーの投入パフォーマンスは、午前10時、午後1時半、同4時の各日3回。問い合わせは、同館電話0460(82)4126。


シェアする