1. ホーム
  2. 経済
  3. 挑む中小企業(5)低価格で高品質追求

第35回神奈川工業技術開発大賞 奨励賞 五十嵐電機製作所(川崎市幸区)
挑む中小企業(5)低価格で高品質追求

経済 神奈川新聞  2018年11月13日 11:38

開発したエンコーダー(左)とサーボ制御システム(右)
開発したエンコーダー(左)とサーボ制御システム(右)

 近年、自動車や産業用ロボットなど数多くの機器に使われているモーターには、異常や故障をいち早く制御系に伝え、システム全体のトラブルを回避することができる機能に対応した制御システムが求められている。

 障害が発生した場合、常に安全側に制御する「フェイルセーフ機能」に対応したシステムが必要だが、複数のセンサーを付けなければならず、高価になってしまうことが課題となっていた。

 こうしたシステムには、モーターの回転数や速度を検知する電子部品のエンコーダーと、エンコーダー自体の故障を回避するための検知機能、電源が切れた場合でもモーターの回転数を覚えているアブソリュート(絶対位置検出)機能が必要とされていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする