1. ホーム
  2. 話題
  3. 外国人が着物体験 横須賀でイベント

外国人が着物体験 横須賀でイベント

話題 神奈川新聞  2016年11月07日 02:00

和服の着付けを体験する参加者=横須賀市立総合福祉会館
和服の着付けを体験する参加者=横須賀市立総合福祉会館

 外国人に日本の伝統文化を紹介するイベント「ジャパン フェスティバル イン よこすか」が6日、横須賀市本町の市立総合福祉会館で開かれた。市とNPO法人「横須賀国際交流協会」の主催で、22回目。生け花、茶道、けん玉など約15種類の体験コーナーが設けられ、米海軍横須賀基地関係者ら多くの外国人でにぎわった。

 恒例の和服の着付けコーナーは、人気があるため、今回は先着150人に限定。受け付けには、子どもから大人まで多くの希望者が並び、市民ボランティアに色とりどりの着物を着せてもらうと笑顔がこぼれた。

 8月に来日したばかりで和服を着るのは初めてという女児(7)は「着物は柔らかくて、気持ちが良かった。特別なドレスだから、また着たい」と話した。

 ステージでは、日本舞踊、ゴスペル、基地内のサリバンズ・スクールの合唱など国際色豊かなパフォーマンスが繰り広げられ、会場を盛り上げた。


シェアする