1. ホーム
  2. 経済
  3. 相模原の味を堪能 17店のマルシェが伊勢丹に

相模原の味を堪能 17店のマルシェが伊勢丹に

経済 神奈川新聞  2018年11月12日 11:02

さがみはらマルシェに出品される商品。左手前から豚ロース味噌漬け、ピザ、焼き意味、後列左からハンバーグ、ロースハム。
さがみはらマルシェに出品される商品。左手前から豚ロース味噌漬け、ピザ、焼き意味、後列左からハンバーグ、ロースハム。

 相模原市内の飲食店など17店が出品販売する「さがみはらマルシェ」が14~19日、同市南区の伊勢丹相模原店で開かれる。同店と市の共催。

 3回目となる今回は、海鮮丼の「むらさ伎(き)」、たい焼きの「イートカフェTetu」、焼き芋の「イモンチ」(17日まで)の3店が初出店。他にピザやロースハム、ハンバーグ、唐揚げ、プリン、生ジュースなどが出品される。

 伊勢丹相模原店の担当者は「市内や遠方から来る方に相模原の魅力を再発見してもらい、地域の活性化につなげたい」と話している。問い合わせは、同店電話042(740)1111。


シェアする