1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 渋谷ハロウィーン暴徒化「印象が悪化」 川崎市長も懸念

渋谷ハロウィーン暴徒化「印象が悪化」 川崎市長も懸念

政治行政 神奈川新聞  2018年11月06日 18:26

川崎市の福田紀彦市長(資料写真)
川崎市の福田紀彦市長(資料写真)

 ハロウィーンの先月末、東京都渋谷区の繁華街で一部の若者が暴徒化した問題を巡り、川崎市の福田紀彦市長は6日の定例会見で、「少なからずハロウィーン自体のイメージがネガティブな方向に振れたのではないか」と懸念を示した。

 同市川崎区では先月28日、約12万人の観客を集める国内最大級のハロウィーンイベント「カワサキ ハロウィン2018」のメインとなる仮装パレードを開催。川崎で大きな混乱はなかったが、渋谷区では27日夜から28日朝にかけ、通行中の軽トラックが群衆に横倒しされる被害が起き、痴漢や盗撮容疑などで逮捕者も相次いだ。

 福田市長は「川崎はいい事例と捉えられていた」と胸を張る一方、悪影響を危惧。「一部の人たちのせいで、せっかくのいいものが壊されるのは悔しい」と不快感をあらわにした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング