1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ジャズバーに「生演奏停止を」 著作権侵害でJASRAC

ジャズバーに「生演奏停止を」 著作権侵害でJASRAC

カルチャー 神奈川新聞  2016年11月05日 13:48

 許諾を得ずに店舗内でジャズの生演奏を行い著作権を侵害されたとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)は4日、横浜市中区のジャズバーを経営する60代女性に対し、生演奏の停止と楽器・音響機器の引き渡しを求める仮処分を申請した。

 JASRAC横浜支部によると、同店は2001年7月に女性が経営を引き継いで以降、著作物使用料を払わずにジャズなどの名曲を生演奏で来店者に聴かせ、営業していた。

 同支部の再三の督促に女性は応じず、損害額は時効にかからないこの10年間だけで約480万円。同支部は、女性が今後も支払いを拒めば提訴する方針。

 生演奏を伴う飲食店は著作物利用許諾契約を結び、座席数や演奏時間などに応じた使用料を支払う必要がある。

 横浜市内の契約率は75%で、同支部は今回のジャズバーが長期にわたり不法行為を続けていたため法的措置に踏み切った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱