1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県勢5年連続神宮逃す 一発勝負の戦い課題 大学野球関東地区選手権大会

県勢5年連続神宮逃す 一発勝負の戦い課題 大学野球関東地区選手権大会

スポーツ 神奈川新聞  2018年11月03日 02:00

岸川監督就任1年目であと一歩のところで神宮出場を逃した神奈川大
岸川監督就任1年目であと一歩のところで神宮出場を逃した神奈川大

 1日に閉幕した大学野球の関東地区選手権大会で、神奈川リーグから出場した神奈川大と桐蔭横浜大は上位2校に与えられる明治神宮大会の出場権獲得を逃した。これで県勢は5年連続で神宮の舞台に立てず、一発勝負のトーナメントの戦いに課題を残した。

 優勝した創価大に初戦で敗れた桐蔭横浜大・齊藤博久監督(52)は「他リーグとの差を感じたわけではない」。打率4割超の大神田丈(3年)や今秋6戦先発の大城祐樹(4年)を故障で欠く陣容も、タイブレークの接戦を演じた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする