1. ホーム
  2. 社会
  3. アカカミアリ1100匹見つかる 横浜港で県内2例目

アカカミアリ1100匹見つかる 横浜港で県内2例目

社会 神奈川新聞  2018年11月02日 22:06

横浜市鶴見区の大黒ふ頭
横浜市鶴見区の大黒ふ頭

 横浜市は2日、有毒の特定外来生物アカカミアリ約1100匹が、大黒ふ頭(鶴見区)の倉庫作業場で荷下ろしされたコンテナ内から見つかった、と発表した。作業をしていた男性2人が手の甲を1カ所ずつ刺されたが、健康に影響はないという。

 昨年10月に川崎市川崎区で確認されて以降、県内では2例目。

 横浜市によると、10月24日に事業者がアリを発見し、市に通報。市は関東地方環境事務所に通報し、周辺にベイト剤(殺虫剤)を置いた。11月1日に専門家が種類と、女王アリ2匹がいることを確認した。

 コンテナは7月31日にガーナを出港したコンテナ船に積まれ、ベルギー、モロッコ、中国の港で別のコンテナ船に積み替えられ、10月19日に横浜港に陸揚げされた。


シェアする