1. ホーム
  2. 社会
  3. 「噴出現象警戒を」 箱根・大涌谷の火口域 噴火予知連が見解

「噴出現象警戒を」 箱根・大涌谷の火口域 噴火予知連が見解

社会 神奈川新聞  2018年11月01日 02:00

箱根山
箱根山

 国の火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は31日、定例会合を開き、全国の活火山の活動状況を評価した。箱根山(箱根町)については「大涌谷の火口域では、土砂の噴出を伴う、ごく小規模な火山ガスなどの噴出現象が発生する可能性がある」との見解をまとめた。

 5段階の噴火警戒レベルは最低の1(活火山であることに留意)が継続しているが、気象庁は「噴気や火山ガスに引き続き注意を」と呼び掛けている。

 大涌谷では、ごく小規模な噴火が起きた2015年以降、火口などから蒸気の噴出が続いている。二酸化硫黄(SO2)などの濃度も安全なレベルにまで低下しておらず、風向きによってはガスの匂いが強いため、大涌谷園地の一部は立ち入りが禁じられている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況