1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉ヘイト防止へ相模原市、施策検討 条例やガイドライン

〈時代の正体〉ヘイト防止へ相模原市、施策検討 条例やガイドライン

時代の正体 神奈川新聞  2018年10月31日 22:02

ヘイトスピーチについての申し入れ書を市に提出する反差別相模原市民ネットワークのメンバー=相模原市役所
ヘイトスピーチについての申し入れ書を市に提出する反差別相模原市民ネットワークのメンバー=相模原市役所

 ヘイトスピーチを防ぐため、相模原市が条例の制定やガイドライン策定などの検討を始めることが31日、分かった。市の人権施策推進指針を近く改定し、すでに取り組みを始めている川崎市などの自治体の状況を調査・研究する。相模原市内の公共施設でヘイトスピーチが行われないよう条例制定を申し入れた市民団体に、市が明らかにした。

 現在検討が進められている人権施策推進指針の改定について、市民の意見を聴くパブリックコメントを11月14日まで実施。指針に基づきヘイトスピーチを防止するための施策を庁内で検討し、必要に応じて人権施策審議会の意見を聴く。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング