1. ホーム
  2. 社会
  3. 「タク配」に活路模索 苦境タクシー、飲食店と連携

新型コロナ
「タク配」に活路模索 苦境タクシー、飲食店と連携

社会 神奈川新聞  2020年06月17日 11:10

 新型コロナウイルス感染症の影響で苦境に立つタクシー会社が地元飲食店と連携し、弁当などのデリバリーを代行する取り組みが広がっている。国は特例的にタクシー会社に飲食物の有償配送を認め、県内では40件の店舗などのサービスが許可を受けた。平塚市では地元事業者が5月からサービスを開始。利用件数は伸び悩み課題も多いが、関係者は「生き残るためには何かしなければ」と模索を続ける。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする