1. ホーム
  2. 社会
  3. 誰もが楽しい空間を 特別支援学校巡り「思い共有」

フリースタイルバスケパフォーマー 「Power in da Performance」代表 三井 優和
誰もが楽しい空間を 特別支援学校巡り「思い共有」

社会 神奈川新聞  2018年10月30日 11:02

バスケットボールを使ったパフォーマンスで魅了する優和さん(左)=川崎市内
バスケットボールを使ったパフォーマンスで魅了する優和さん(左)=川崎市内

 全国各地の特別支援学校などを巡り、バスケットボールを使ったパフォーマンスでみんなを笑顔にしている青年がいる。福祉施設パフォーマンス団体「Power in da Performance」代表の優和(ゆうわ)=本名三井優和(まさかず)。難聴の聴覚障害がある26歳は、ハンディーの有無に関係なく誰もが楽しく過ごせる空間をつくろうと、きょうも汗を流している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする