1. ホーム
  2. 社会
  3. 道路陥没現場、近隣で掘削工事中 「3日前から地表沈下」

道路陥没現場、近隣で掘削工事中 「3日前から地表沈下」

社会 神奈川新聞  2020年06月17日 05:00

道路が陥没した現場
道路が陥没した現場

 横浜市港北区大豆戸町の環状2号で12日午後に発生した道路陥没事故で、現場付近の地表が発生3日前の9日から沈下していたことが16日、分かった。現場の地下約18メートルでは「相鉄・東急直通線新横浜トンネル」の掘削工事が行われており、発注主の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は関連や原因を調べている。

 同機構によると、工事は新綱島ー新横浜間で2015年4月に始まり、今月12日時点で約2750メートルを掘削。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする