1. ホーム
  2. 話題
  3. 秋の実りを摘み取って 大井町で11月4日に収穫祭

秋の実りを摘み取って 大井町で11月4日に収穫祭

話題 神奈川新聞  2018年10月28日 16:52

 特産の果樹フェイジョアなど大井町の秋の実りを摘み取って味わえるイベント「秋の収穫祭」が11月4日、町北部の相和地域で開かれる。集合場所の町農業体験施設「四季の里」(同町柳)では、親子で楽しめる「里山クラフト体験」も行われる。

 収穫祭は3コースあり、「かりん収穫&かりん酒づくり体験」は午後1時から2時で、参加費は1500円。カリン酒は持ち帰ることができる。

 「キウイ&サツマイモ収穫&赤田さんぽ」は午前10時から11時と、午後0時半から1時半の2回。「フェイジョア収穫&シェイクづくり体験」は午前11時から正午。いずれも大人2千円、小中学生千円で、収穫物は持ち帰れる。

 各回とも定員30人で、申し込みは31日まで。

 クラフト体験は1回500円で、「ドングリのストラップづくり」「木の実のキャンドル立てづくり」など、地域の素材を生かしたメニューを用意する。

 また、四季の里では農作物直売や模擬店など多彩なイベントを催す「いもまつり秋」も同時開催される。申し込み・問い合わせは、主催の相和もりあげ協議会事務局(町地域振興課)電話0465(85)5013。


シェアする