1. ホーム
  2. 話題
  3. 「三浦按針」ご存じですか? 横須賀で業績紹介するサミット

大河ドラマ化要望も
「三浦按針」ご存じですか? 横須賀で業績紹介するサミット

話題 神奈川新聞  2018年10月28日 02:00

按針の人柄や魅力を語り合ったトークセッション =よこすか芸術劇場
按針の人柄や魅力を語り合ったトークセッション =よこすか芸術劇場

 徳川家康の外交顧問として活躍したイギリス人・ウィリアム・アダムズ(日本名・三浦按針)の業績を紹介する「第5回ANJINサミット」が27日、よこすか芸術劇場(横須賀市本町)で開かれた。

 横須賀、大分県臼杵、静岡県伊東、長崎県平戸の按針ゆかりの4市で構成する連絡協議会の主催。トークセッションでは、徳川宗家18代当主・徳川恒孝さん、按針の菩提(ぼだい)寺である浄土寺(横須賀市西逸見町)の住職・逸見道郎さんが人物像や魅力などを語り合い、約1200人が聴講した。

 司会の元NHKアナウンサーで京都造形芸術大教授の松平定知さんは「なぜ家康と按針は意気投合したのか」を質問した。徳川さんは「人質に出されるなど波乱の幼少期にあって、家康は人を見る目をしっかり磨いていた」、逸見さんは「按針は自分を信頼してくれる人に誠実に接し、それがさらに信頼を確かなものにしていった」と説明。家康と按針の人柄がマッチしたことを理由に挙げた。

 サミットには、家康と按針を題材とした大河ドラマ化を26日にNHKへ要望した4市の市長や市議会議長が参加。上地克明横須賀市長は「按針の功績を広めつつ、ドラマ実現に向け4市で協力していく」とあいさつした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱