1. ホーム
  2. 社会
  3. タチオカ商会、市にマスク1万枚寄贈 伊勢原

新型コロナ
タチオカ商会、市にマスク1万枚寄贈 伊勢原

社会 神奈川新聞  2020年06月13日 20:00

高山市長(左)にマスクを寄贈する文屋代表=伊勢原市役所(同市提供)
高山市長(左)にマスクを寄贈する文屋代表=伊勢原市役所(同市提供)

 新型コロナウイルスの感染予防に役立ててほしいと、廃棄物などの収集事業を手掛けるタチオカ商会(伊勢原市小稲葉)の文屋雄幸代表が5日、マスク1万枚を市に寄贈した。

 市役所で行われた寄贈式で、文屋代表は「医療機関や教育関係者などが、少しでも安心して働けるよう寄贈を決めた。最前線で働く方の助けになればうれしい」とあいさつした。髙山松太郎市長は「第2波、第3波が懸念される中での寄贈は非常にありがたい」と述べ、感謝状を贈呈した。

 マスクは市内の医療機関や高齢者施設に配布する。


シェアする