1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 【高校野球秋季関東大会】横浜、コールド負け

【高校野球秋季関東大会】横浜、コールド負け

高校野球 神奈川新聞  2018年10月24日 02:00

まさかのコールド負けで準決勝進出を逃し肩を落とす横浜ナイン
まさかのコールド負けで準決勝進出を逃し肩を落とす横浜ナイン

 高校野球の第71回秋季関東大会第4日は23日、山梨県の山日YBS球場で準々決勝3試合を行い、神奈川2位の桐蔭学園は佐野日大(栃木1位)を8-1で下して準決勝進出を決めた。

 同大会の成績は来春の選抜大会出場校を選ぶ重要な参考資料となり、ベスト4入りした桐蔭は2003年以来の春の甲子園出場が濃厚となった。神奈川1位の横浜は春日部共栄(埼玉1位)に2-9の七回コールドで敗れた。

 桐蔭は左腕伊礼海斗(2年)が7安打を浴びながら1失点完投。打っては四回に四球を挟む連打とスクイズなどで3点を奪うなど、13安打に8犠打を絡めて8得点した。

 横浜はエース及川雅貴(2年)が三回途中5失点で降板。打線も二回の2得点にとどまった。

 第5日は27日、同球場で準決勝2試合を行い、神奈川勢は桐蔭が習志野(千葉2位)と戦う。

▽準々決勝(山日YBS球場)
横浜
020 000 0|2
311 004 X|9
春日部共栄
(7回コールド)

 【評】横浜は終始リズムに乗れず七回コールドの力負け。初回に主戦左腕・及川が2死からの3連続四球で窮地を広げ、適時三塁打で3点を失う苦しい立ち上がり。二、三回にソロ本塁打を被弾して降板した後も、救援陣が踏ん張りきれなかった。打線は相手右腕の速球に押されて狙い球を絞りきれず、二回の2得点以外は反撃の糸口をつかめなかった。

投打に力負け 厳しい冬越え成長を


 七回コールドの幕切れに「神奈川の代表として、このような結果に終わって申し訳ない」。横浜・平田徹監督(35)は淡々と言葉を紡いだ。投打に力負けし、関東大会のベスト4進出を逃した。

 初回から頼みのエース及川が制球難に苦しみ、いきなり3失点。不調の大黒柱を、打線も救えなかった。二回に犠打を挟む3連打で2点を返したが、三回以降はわずか3安打。相手エースの低めに決まる変化球に、2度得点圏へ走者を進めるのが精いっぱいだった。

 「先制され、点を取ってもまた取られ、焦る気持ちが募っていった。回を追うごとに低めの変化球を振らされた」と主将内海。「投手は投手、打者は打者。そこで得点できないのは力不足だということ」と言葉を継ぐ。

 この秋はスタメン5人が1年生という若いチームで挑んだが、うち3選手は夏の甲子園メンバーだ。「経験はある。1年生が多いだとかは関係がない」(内海)。思えば昨秋も鎌倉学園にコールド負け。2年連続の秋の大敗に、指揮官も「なぜでしょうか…」と首をかしげる。

 「今はまだ、何も考えられない。また結果が出せるよう、この冬に一から立て直していくしかない」とキャプテン。1年前の秋、チームは厳しい冬を乗り越えて成長を遂げ、夏の全国16強に実らせた。強い横浜が、再び帰ってくるはずだ。

及川、三回途中5失点 制球難から悪循環に


初回、いきなり3点を失いぼう然とする横浜の及川
初回、いきなり3点を失いぼう然とする横浜の及川

 横浜ナインの動揺が透けて見えるようだった。

 初回。大黒柱の左腕及川は先頭から2者連続で三振を奪う最高の出だしだったが、直後に暗転する。3連続四球を与えて2死満塁とし、走者一掃の三塁打であっさりと3点を失った。

 兆候は前日の1回戦に表れていた。9三振を含む8回2失点の力投も、与四死球は7を数えた。

 この日も制球難に悩まされ、自慢のスライダーが早々に見切られる。二回は146キロ、三回は143キロの直球を狙われソロ本塁打を被弾。及川は「四隅を狙っても制球が甘くなって打たれ、スライダーも腕が振れていない」と悪循環に陥った。

 その投球内容に不安は残った。平田徹監督は「実力不足でまだまだ発展途中」とさらなる奮起を促し、2番手で救援した1年木下は「及川さんばかりに頼っていてはいけない」と危機感を募らせる。

 「ふがいなかった」と及川が自らを責めるのは、重圧がかかる名門のエースナンバーを背負う責任感が故だ。この敗戦を糧に、試練の冬を乗り越えてみせる。


シェアする