1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ドラフト 運命の日へ(2)JX-ENEOS・左澤優(投手) 一歩一歩積み重ねて

神奈川の注目選手
ドラフト 運命の日へ(2)JX-ENEOS・左澤優(投手) 一歩一歩積み重ねて

スポーツ 神奈川新聞  2018年10月22日 02:00

ドラフト指名に関しては「あまり期待せずに待ちたい」と話す左澤優
ドラフト指名に関しては「あまり期待せずに待ちたい」と話す左澤優

 ずっと神奈川で育ってきた。横浜隼人高で3年春の県大会を優勝するなど頭角を現し、横浜商大では関東地区選手権にも出場、そして社会人野球の名門・JX-ENEOSへと進み、いま2年目だ。

 中継ぎを主戦場とする。「先発で試合をつくるのが下手で。決められた状況、仕事の方が気持ちを入れて思い切り腕が振れる」。直球の最速は147キロ。一番の武器は縦に大きく速く割れるスライダーだ。「ストライクゾーンで勝負できるのが自分の強み」。この自称“パワースライダー”とマウンド度胸が、プロの注目を集めている。

 高校、大学と全国屈指の厳しい野球部で鍛えられてきた。心が折れそうになると、思い出すのはいつも同じことだった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする