1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 【高校野球秋季関東大会】逆転サヨナラ満塁弾で桐蔭が初戦突破

桐蔭学園7-5常総学院
【高校野球秋季関東大会】逆転サヨナラ満塁弾で桐蔭が初戦突破

高校野球 神奈川新聞  2018年10月21日 19:08

9回裏2死満塁から逆転サヨナラ満塁ホームランを放った桐蔭学園の主将森=山梨県甲府市の山日YBS球場
9回裏2死満塁から逆転サヨナラ満塁ホームランを放った桐蔭学園の主将森=山梨県甲府市の山日YBS球場

 高校野球の秋季関東大会で21日、9年ぶりの出場となった神奈川2位の桐蔭学園は、茨城1位の常総学院との1回戦に臨み、主将森が九回にサヨナラ逆転の満塁ホームランを放ち、7-5で勝利した。

 桐蔭は2-5で迎えた最終回に敵失で1点を返し、なお2死満塁の場面で森が右翼へ試合をひっくり返す満塁弾を放った。

 投げては先発左腕の伊礼が六回まで無失点と好投。七回に3ランなどで5点を奪われ逆転されたが、この回途中から救援の右腕山崎が以降を無失点に抑え、勝機をつないだ。

 常総は七回に8番大高が値千金の逆転3ラン。1番斉藤にも適時三塁打が飛び出すなど一気に突き放したが、九回にあと1アウトで終了という場面でタイムリーエラーを犯し、最後のサヨナラ弾を誘発してしまった。

 桐蔭は23日に、栃木1位の佐野日大との準々決勝に臨む。勝って4強入りすれば、来春の選抜甲子園出場が濃厚となる。

【桐蔭学園-常総学院】高校野球フォトギャラリー 秋季関東大会


シェアする