1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 地下鉄上大岡駅をバリアフリー化 22年度に完成予定

地下鉄上大岡駅をバリアフリー化 22年度に完成予定

政治行政 神奈川新聞  2018年10月19日 19:37

横浜市営地下鉄ブルーライン
横浜市営地下鉄ブルーライン

 横浜市は、市営地下鉄上大岡駅(同市港南区)の改修工事に着手する。エレベーターの新設などバリアフリー化を図る。2018年度中に実施設計を終え、19年度に着工、22年度の完成を目指す。1972年の開業以来、初めての大規模改修という。

 市交通局によると、京浜急行線と連絡する同駅は、1日に約7万5千人が利用(16年度実績)。周辺では市街地再開発事業が進み、今後も発展が見込まれることから利便性向上を図るためリニューアルする。

 計画では、京急線との連絡改札口周辺などにエレベーター2基を新設。音声案内などを導入するほか、壁や天井も一新し、イメージアップを図る。

 多機能トイレも2カ所に新設し、うち1カ所はオストメイト(人工肛門・人工ぼうこう保有者)対応とする。女性用トイレに化粧専用コーナーを設けるほか、入り口の段差解消にも努める。

 17日の市会決算特別委員会で、安西英俊氏(公明)の質問に答えた。


シェアする