1. ホーム
  2. 話題
  3. 新鮮な魚提供 三浦「魚市場食堂」オープン

新鮮な魚提供 三浦「魚市場食堂」オープン

話題 神奈川新聞  2018年10月19日 02:00

刺身やカツなどがセットになった「三崎市場のまぐろづくし定食」
刺身やカツなどがセットになった「三崎市場のまぐろづくし定食」

 三崎魚市場(三浦市三崎)で仕入れた鮮魚を提供する食堂が19日、市場2階にオープンする。関係者だけでなく、見学に訪れた観光客も利用できる。

 「魚市場食堂」は午前6時から営業。特産のマグロの刺し身やカツ、カマ焼きがセットになった「三崎市場のまぐろづくし定食」(2300円)や「市場の日替わり刺し身と焼き魚定食」(1500円)などを楽しめる。岩井智明店長(40)は「市場の上という最大の利点を生かして新鮮な魚を提供し、魚の新しいおいしさも提案したい」と意気込んでいる。


岩井店長(中央)ら魚市場食堂のスタッフ=三浦市三崎
岩井店長(中央)ら魚市場食堂のスタッフ=三浦市三崎

 2011年から食堂を営業していた事業者が使用料を滞納したことなどから、市は今年3月に同社の使用を不許可にし、7月に同社が退去。市が8月に公募し、応募した4社の中から京急グループの三崎観光に決まった。

 水曜定休。日曜のみ午前5時から営業。問い合わせは、同食堂電話046(876)6022。


シェアする