1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ラミ流、頂へ道半ば(4)ルーキー東と救援陣 チーム支えフル回転

ラミ流、頂へ道半ば(4)ルーキー東と救援陣 チーム支えフル回転

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年10月17日 15:19

東克樹(11勝5敗)
東克樹(11勝5敗)

 「ほれぼれするよ。直球のキレ、変化球のブレーキ、コントロール、どれもいい」。2月の春季キャンプ。ドラフト1位東の投球に高田繁ゼネラルマネジャー(GM)が贈った賛辞は、決してひいき目ではなかった。

 チームの勝ち頭となる11勝で新人王は確実。首脳陣の期待以上に躍動し、相手の主戦投手とも堂々と渡り合った。

 9月19日の東京ドーム。3位争いを繰り広げる巨人打線からアウトを奪い続けること20個。七回2死から一発を打たれたが、東にとって「完全試合」が途絶えてからが真骨頂だ。「走者をためない本塁打で良かった」。動揺を見せず、難なく次打者を料理した。

 掲げる投手像は「粘って勝てること。だから1~2失点はオーケー」。長いイニングを狙わず、力みなく投げる姿は新人離れしていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする