1. ホーム
  2. 社会
  3. 横須賀の高層ビルで避難訓練 火災想定、住民ら経路確認

横須賀の高層ビルで避難訓練 火災想定、住民ら経路確認

社会 神奈川新聞  2018年10月16日 12:34

高層階から階段で避難する住民ら=ザ・タワー横須賀中央
高層階から階段で避難する住民ら=ザ・タワー横須賀中央

 三浦半島最高層の約143メートルを誇るビル「ザ・タワー横須賀中央」(横須賀市大滝町)で14日、火災を想定した訓練が行われ、住民と市消防、ビル関係者ら約150人が参加した。

 ビルは地上38階地下2階建てで1~4階は店舗が入り、6階から38階に297世帯が暮らす。訓練は管理組合が実施し、市消防が協力した。

 全世帯を対象にした訓練は今回が初めてで、30階のラウンジから出火したとの想定でスタート。住民らは避難経路を確認するため、上層階から階段で1階まで下りた。

 市消防は、地上の車両でビル地下の貯水タンクから水をくみ上げ、途中階にある加圧ポンプも使って高層階に押し上げて屋上で放水作業に当たった。

 30階以上に住む幼い子を連れた母親は「階段は大変だが、体験しておけば、いざというときに役立つ」と言う。田中利明理事長は「住民と市消防の連携、ビルの設備機能の確認もできた。安全安心を高める取り組みを今後も続けたい」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会