1. ホーム
  2. 社会
  3. 地域の高齢者守れ 障害者らガウン作り 横浜・寿地区

新型コロナ
地域の高齢者守れ 障害者らガウン作り 横浜・寿地区

社会 神奈川新聞  2020年06月08日 11:00

防護服の代用ガウンを作成する利用者=横浜市中区の「ぷれいす」(寿DIYの会提供)
防護服の代用ガウンを作成する利用者=横浜市中区の「ぷれいす」(寿DIYの会提供)

 横浜市中区の寿地区で、新型コロナウイルス対応の最前線で奮闘する医療現場を支える「ガウン」作りが始まった。防護服不足を補うため、地区内の就労支援事業所に通う障害者らが力を結集。感染リスクを減らして地域の高齢者らの命を守ろうと、福祉の街で新たな共助の仕組みを模索する。7月をめどに4千着を完成させるのが目標だ。

福祉の街 新たな共助

 かつて「労働者の街」と知られていた寿地区は、高齢化が進む「福祉の街」に変化している。約500平方メートル四方の地区内には5700人ほどが暮らし、全体の57%に当たる約3300人が65歳以上の高齢者だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする