1. ホーム
  2. 社会
  3. 「志と思いを、引き継ぐ」 茅ケ崎市長告別式に政財界など750人が参列

「志と思いを、引き継ぐ」 茅ケ崎市長告別式に政財界など750人が参列

社会 神奈川新聞  2018年10月13日 02:00

服部信明市長のひつぎを乗せた車に向かい、手を合わせる市職員や市民ら=茅ケ崎市役所、2018年10月12日撮影
服部信明市長のひつぎを乗せた車に向かい、手を合わせる市職員や市民ら=茅ケ崎市役所、2018年10月12日撮影

 脳出血のため、57歳で急逝した茅ケ崎市の服部信明市長の告別式が12日、同市茅ケ崎の湘和会堂茅ケ崎で営まれた。

 市によると、非公開で行われた告別式には政財界の関係者や市職員ら約750人が参列。葬儀委員長の夜光広純副市長が「服部市長を失ったことは大きな痛手だが、残された職員一丸となって市長の志と思いを引き継ぎ、この難局を乗り切る」とあいさつした。

 告別式終了後、市長のひつぎを乗せた車が市庁舎前に到着。市民ら約500人が集まり、黙とうをささげた。手を合わせた市内在住の森洋子さん(81)は「お会いするといつも笑顔で対応していただき、市民思いの市長だった。とても残念です」と突然の別れを惜しんだ。

 一方、黒岩祐治知事は同日の定例会見で、昨年4月の保健所政令市への移行について「茅ケ崎が独自にやりたいということで(市長が)提案されて『寒川町も一緒に面倒を見ましょう』ということで強いリーダーシップを発揮され、実現にこぎ着けた」と説明。「地方自治に対するこだわり、実行力、リーダーシップは非常に素晴らしいものがあった」と評した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会