1. ホーム
  2. 話題
  3. 底まで歩けます 27日に浦賀ドック見学会

実行委が参加者募集
底まで歩けます 27日に浦賀ドック見学会

話題 神奈川新聞  2018年10月11日 02:00

明治期に建造された浦賀ドック=昨年4月、横須賀市浦賀
明治期に建造された浦賀ドック=昨年4月、横須賀市浦賀

 住友重機械工業の旧浦賀工場(横須賀市浦賀)内にある「浦賀ドック」の見学会が27日、開かれる。ドックを観光資源として生かす取り組みを進める実行委員会が主催し、参加者を募集している。

 浦賀ドックは1899(明治32)年、建造。石造りが主流だった明治期のドックでは珍しいれんが造りで、全国では浦賀と川間(同市西浦賀)しかない。

 見学会では、市民ボランティアガイドとともに、普段は降りることができない地上から約18メートル下のドックの底まで足を運ぶ。

 見学会前には、稼働中の米海軍基地内のドックや、今はイベントスペースとして活用されている「横浜船渠(せんきょ)2号ドック」など他の施設を見比べられるパネル展も見て回る。

 午後1時から2時半まで。小学生以下は保護者の同伴が必要。定員は先着100人。申し込みは、市コールセンター電話046(822)2500。


シェアする