1. ホーム
  2. 話題
  3. 被災地から手作りマスク30枚 三浦の復興支援活動に感謝

新型コロナ
被災地から手作りマスク30枚 三浦の復興支援活動に感謝

話題 神奈川新聞  2020年06月06日 05:00

宮城県南三陸町の町民から寄贈された手作りマスク(三浦市提供)
宮城県南三陸町の町民から寄贈された手作りマスク(三浦市提供)

 東日本大震災の復興支援として、三浦市で2011年から義援シャツの販売活動が続いていることを知った宮城県南三陸町の町民が、感謝を込めた手作りマスク約30枚を活動の実行委員会に寄贈した。

 義援シャツ1枚ごとに500円が同町に届けられる仕組みで、昨年度までに累計9948枚が販売されている。活動を知った同町の町民が横須賀で暮らす家族を通じてマスクを寄贈。「早くマスクのいらない日常が戻ることを願いながら縫いました」などと記された手紙も添えられていた。

 実行委関係者は「やってきたことに応えてくれ、うれしい」と感謝していた。


シェアする