1. ホーム
  2. 減災
  3. 【減災新聞】台風24号、各地に爪痕 屋根の飛散相次ぐ 

【減災新聞】台風24号、各地に爪痕 屋根の飛散相次ぐ 

減災 神奈川新聞  2018年10月10日 12:00

強風で屋根が吹き飛ばされた住宅 =横浜市保土ケ谷区
強風で屋根が吹き飛ばされた住宅 =横浜市保土ケ谷区

 台風24号による「記録的な暴風」は、県内各地に大きな爪痕を残した。飛ばされた住宅の屋根などが落下し、近隣の住宅や土地に被害が生じたケースも相次いで確認されている。広範囲に及んだ「風害」は、対策の難しさを浮き彫りにしている。

 「バチっと音がして、窓の外が光った。停電した後すぐにドーンと何かがぶつかったような音がした」

 24号が県内に接近していた1日午前0時半ごろ、自宅の窓の外を見た横浜市神奈川区の男性は驚いた。暗がりの中、止めていた車に覆いかぶさるように屋根の一部が落ちていたからだ。


飛散した屋根が道端に落下した現場=横浜市神奈川区(住民提供)
飛散した屋根が道端に落下した現場=横浜市神奈川区(住民提供)

 「(材質から)うちの屋根ではない」と直感。自宅の屋根も損傷しており、付近では切れた電線が垂れ下がっていた。「飛んできた屋根が電線を切り、うちに落ちたのだろう」

 落下していた屋根は、50メートル以上離れた別の住宅から飛ばされてきたとみられる。居住者らは「長い間住んでいるが、こんなことは初めて。自然の恐ろしさを見せつけられた」とショックを隠しきれず、「他の家にも被害を与えてしまって申し訳ない」と話す。地元住民によると、屋根の部材は他の地点にも落下していたという。

 保土ケ谷区でも、屋根の飛ばされる被害が確認されている。

 家人によると、「1日午前1時から2時の間に家がガタガタと揺れだし、110番通報した」。保土ケ谷署員の協力も得て屋根を抑えようとしたが、飛ぶのを防げなかったという。

 飛散した屋根の主要な部分は、約70メートルほど離れた家庭菜園に落下。菜園の隣に居住する所有者の男性は、残骸の残る現場を不安げに見つめ、こう受け止める。「自宅に被害がなかったのはよかったけれど、誰かがいたらどうなっていたか」。周辺の宅地などには、飛散した屋根の部品が落下していた。

 5日正午時点の集計によると、横浜市内では住宅262棟、住宅以外の建物60棟、公共施設5棟の計327棟に被害が生じた。全壊した住宅はないが、金沢、緑、磯子区などで計10棟が半壊となった。さらに増える可能性があるという。

 同市の場合、風水害による被災者に対しては、各消防署が被害状況を確認した上で罹災証明書を発行することになっており、発行手続きは既に始まっている。飛んできた屋根などの飛散物による被害も、罹災証明の対象になるという。

 住宅の損壊は茅ケ崎市や座間市、秦野市、三浦市、寒川町、真鶴町などでも確認されており、そのほかの被害も深刻だ。

 県によると、果樹や野菜の損傷、ハウスの損壊といった農業関連の被害が広域に及んでいるほか、漁船や定置網、荷さばき施設の破損など水産業関連も被害が目立つ。


強風で倒された小型ヨット =藤沢市江の島
強風で倒された小型ヨット =藤沢市江の島

 藤沢市江の島では、湘南港や近くの駐車場に置かれていた小型ヨットなど約80艇が強風の影響を受け、転倒したり、マストが折れたりした。江の島では昨年10月の台風21号の際にもヨットなどに被害が出たが、この時は高波や高潮が原因だった。

自助のヒント 風の強さの定義


 気象庁によると、「風速」は10分間の平均風速、「最大風速」はその最大値のことをいう。「瞬間風速」は風速計の測定値(0.25秒間隔)の3秒間を平均した値で、「最大瞬間風速」はその最大値。同庁の定義では、風速15メートル以上20メートル未満は「強い風」、20メートル以上30メートル未満は「非常に強い風」と表現。「猛烈な風」は風速30メートル以上か、最大瞬間風速50メートル以上の風を意味する。県内では風速12メートルで強風注意報、同25メートルで暴風警報が発表される。台風24号の接近時は全域に暴風警報が出され、横浜地方気象台は「記録的な暴風になる」と警戒を呼び掛けた。

台風24号の主な気象データ

最大瞬間風速
横浜市中区   38.5メートル(午前0時31分)
藤沢市     36.8メートル(午前0時13分)
三浦市     36.5メートル(午前0時11分)
海老名市    29.8メートル(午前0時1分)
小田原市    29.0メートル(午前3時1分)

雨量
山北町     218.5ミリ
箱根町     218.0ミリ
相模原市緑区  189.0ミリ
小田原市    100.0ミリ
横浜市中区    60.0ミリ

※気象庁のアメダスによる。最大瞬間風速は10月1日の記録で、藤沢、海老名、小田原は10月の観測史上最大値を更新。雨量は降り始めから1日午後1時半までの総雨量


シェアする