1. ホーム
  2. 社会
  3. 北朝鮮拉致問題「正念場」 横田さん、菅拉致担当相が集会出席

北朝鮮拉致問題「正念場」 横田さん、菅拉致担当相が集会出席

社会 神奈川新聞  2018年10月08日 18:38

横田めぐみさんの写真を、母早紀江さん(左)と見て回る菅官房長官=8日午後、川崎市中原区
横田めぐみさんの写真を、母早紀江さん(左)と見て回る菅官房長官=8日午後、川崎市中原区

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(82)は8日、川崎市平和館(同市中原区)で開かれた市主催の集会に出席し、6月の米朝首脳会談を契機に「米朝の扉が開き、『何かが起きる前兆ではないか』と少し望みを持っている」と事態好転に期待を寄せた。内閣改造で菅義偉官房長官(衆院2区)が拉致問題担当相を兼務したことを「大きな喜び」とし、「一刻も早く子どもたち全員を日本に取り戻してほしい」と訴えた。

 集会は「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」。めぐみさんの誕生日(10月5日)に合わせて2008年から開かれており、今年は市民ら約250人が参加。菅氏は担当相就任後、公の場での初めての活動となった。


拉致問題進展への期待を語る横田早紀江さん=8日午後、川崎市中原区
拉致問題進展への期待を語る横田早紀江さん=8日午後、川崎市中原区

 あいさつした早紀江さんは失踪から41年近い歳月を「拉致は問題ではなく事件。平穏な生活をむしり取られ、歯を食いしばって過ごしてきた」と回顧。

 菅担当相について集会後、記者団に「1~2年で大臣が変わる繰り返しだったので、総理と緊密に分かり合っている方の就任は非常に手応えがある」と述べ、官邸主導による交渉の進展に望みを託した。


拉致被害者の帰国実現に決意を述べる菅官房長官=8日午後、川崎市中原区
拉致被害者の帰国実現に決意を述べる菅官房長官=8日午後、川崎市中原区

 菅氏は衆院当選直後から拉致問題に取り組んできた経緯に触れた上で、「02年に5人が帰国して以来1人の帰国も実現しておらず、痛恨の極み。ご家族の皆さまに大変申し訳ない」と陳謝。「拉致問題は正念場。北朝鮮との相互不信の殻を破り、新たなスタートを切る」とし、日朝首脳会談の実現に向けて段取りを進める決意を示した。

 福田紀彦川崎市長は「来年こそは『お帰りなさいの会』にしたい。関心を広げ、市民の力で政府の外交をバックアップしていくことが何よりも大事」と支援の継続を呼び掛けた。


シェアする