1. ホーム
  2. 社会
  3. 法廷で刑務官の頰を鉛筆で突き刺す 地裁公判中の被告逮捕

法廷で刑務官の頰を鉛筆で突き刺す 地裁公判中の被告逮捕

社会 神奈川新聞  2018年10月03日 19:33

横浜地裁
横浜地裁

 加賀町署は2日、公務執行妨害と傷害の疑いで、千葉県八街市、無職の男(51)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後1時40分ごろ、横浜市中区日本大通の横浜地裁法廷で、横浜拘置支所の男性刑務官(29)の右頬に鉛筆を突き刺して職務の執行を妨げた上、1週間のけがを負わせた、としている。調べに対し「一切記憶にない」と容疑を否認している。

 署によると、容疑者は器物損壊罪の被告として公判に出廷していた。鉛筆は筆記用に所持を許可されていたという。地裁職員が署に通報し、駆けつけた署員に引き渡した。


シェアする