1. ホーム
  2. 経済
  3. 団地の一室、IoTでリノベ スマートスピーカー活用、家電操作

団地の一室、IoTでリノベ スマートスピーカー活用、家電操作

経済 神奈川新聞  2018年10月01日 09:53

横浜市の野庭団地(提供)
横浜市の野庭団地(提供)

 不動産仲介などを手掛ける「ミック」グループの三春情報センター(横浜市港南区)は10月初旬から、同区の野庭団地の一室で、IoT(モノのインターネット)を活用したリノベーションギャラリーをオープンする。築44年、間取りは2LDKで、効率よく家事ができる生活動線を重視した設計とした。約3カ月間オープンルームとして公開した後、購入希望者に売却する(価格は未定)。

 リノベーションの施工費用は1100万円で、スマートスピーカーを使った照明、テレビ、エアコン、掃除ロボットなどの操作や、スマートフォンを使った玄関のロックシステムを導入。

 スマートフォンのアプリを使って、正しい歯磨きの方法を身に付けられるスマート歯ブラシや、体重・体脂肪率などのデータを記録し、健康管理に活用できる体重計なども取り入れるという。


シェアする