1. ホーム
  2. 社会
  3. 「認知症に理解を」当事者らリレーで訴え 横浜・青葉区

「認知症に理解を」当事者らリレーで訴え 横浜・青葉区

社会 神奈川新聞  2018年09月30日 02:00

雨にもかかわらず、認知症への理解を訴え、家族連れの地域住民、福祉関係者、当事者ら多彩な人が参加したRUN伴=横浜市青葉区
雨にもかかわらず、認知症への理解を訴え、家族連れの地域住民、福祉関係者、当事者ら多彩な人が参加したRUN伴=横浜市青葉区

 認知症の人が暮らしやすい地域づくりへの理解を訴え、認知症の人と家族、支援者が全国をリレーする「RUN伴」(認知症フレンドシップクラブなど主催)が29日、県内入りした。あいにくの雨ながら、認知症支援を表すオレンジ色のシャツを着た当事者らが、横浜市内などの7コースをリレーし、地域のつながりの尊さを訴えた。

 同市青葉区内のコースでは、走者やサポートとして、当事者3人のほか、福祉関係者、地域住民、県立元石川高校陸上部の生徒4人ら約100人が参加した。若年性認知症を患っている同区の高井裕さん(66)は昨年に続いて走者となり、「足が前に進んで気持ちよく走れた。とても楽しかった」と笑顔。同じく走者となった68歳の認知症の男性も「認知症であっても、仲間がいるから怖くない」と力強く語った。

 中継点の青葉区役所ではイベントも行われ、高井さんが美しいギター演奏を披露。同高校の地域貢献型パフォーマンスグループの2年生3人がオリジナルソングを、県立市ケ尾高校ジャグリング部の1年生7人が皿回しなどを披露し、認知症の人を激励した。

 RUN伴は、7月1日に北海道の宗谷岬をスタートし、沖縄へ向けて南下を続けている。県内のゴールは10月1日、大井町の「BIOTOPIA(ビオトピア)」。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会