1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 二宮町長ら給与3割減へ 時間外手当、30年未払いで責任

二宮町長ら給与3割減へ 時間外手当、30年未払いで責任

政治行政 神奈川新聞  2018年09月29日 02:00

二宮町役場
二宮町役場

 二宮町が30年以上にわたって町職員の時間外手当を支払っていなかった問題で、町は28日、村田邦子町長ら特別職の月額給与を3割減額する方針を明らかにした。10月1日に開かれる同町議会本会議で関連議案を提出する。

 給与を減額するのは村田町長のほか、長尾秀美副町長と府川陽一教育長。村田町長は10月1日から任期が残る11月29日までの給与計149万円を104万円とする。長尾副町長と府川教育長は10月からの給与2カ月分がそれぞれ126万円から88万円、116万円から81万円に減額される。

 減額理由について町は「時間外手当の未支給に対し、責任を明らかにするため」と説明している。

 問題は、今月14日の町議会で発覚。町は町条例に違反して年間240時間の上限を設け、職場の命令を伴う時間外勤務に対し手当を支払っていなかった。村田町長は2014年の就任時から条例違反を認識していたことを認め、町は過去2年の延べ175人の職員に、計3990万円の時間外手当を支払うとしている。


シェアする