1. ホーム
  2. 経済
  3. 桜木町駅前にホテル建設へ 20年度開業予定の新改札に隣接

桜木町駅前にホテル建設へ 20年度開業予定の新改札に隣接

経済 神奈川新聞  2018年09月27日 19:55

複合ビルのイメージ図(同社提供)
複合ビルのイメージ図(同社提供)

 JR東日本横浜支社は27日、10月上旬から桜木町駅前複合ビルの新築工事に着手すると発表した。ビルには宿泊特化型のホテルや店舗を整備する。

 ビルは2020年度に開業予定の新改札に隣接。敷地面積は約2千平方メートル、延べ床面積は約1万平方メートル。地上12階建てで、1~2階は横浜ステーシヨンビルが「CIAL桜木町別館(仮称)」として運営。店舗や保育所などが入る。工期は10月上旬から2020年度の予定。

 3~12階は、JR東日本のグループ会社で東京ステーションホテルなどを運営する日本ホテルが宿泊特化型の「JR東日本ホテルメッツ桜木町(同)」を運営する。客室数は274室で、うちシングルは209室、ツインが55室、ダブルは10室。桜木町駅は個人客の利用が多いことから、シングルを中心にした。

 JR東日本グループは「生活サービス事業成長ビジョン(NXET10)」を掲げ不動産事業を強化。駅と街をつなぐ取り組みを進めている。廣川隆支社長は「市庁舎の移転や五輪、パラリンピックがあるので、なるべくそれまでに開業したい」と語った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃