1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 刺殺の父、死因は出血性ショック 容疑の少年送検 県警

刺殺の父、死因は出血性ショック 容疑の少年送検 県警

事件事故 神奈川新聞  2020年05月28日 05:00

 横浜市神奈川区の自宅マンションで父親(47)を殺害したとして、殺人容疑で高校2年の少年(16)が逮捕された事件で、司法解剖の結果、父親の死因は出血性ショック、死亡推定は5月中旬ごろだったことが27日、県警への取材で分かった。

 少年は16日ごろ、父親の頭などを刃物で刺して殺害したとして、25日に逮捕された。容疑を認め「父親から暴力を振るわれ、耐えきれなかった」などと供述しているという。県警は27日、少年を送検した。


シェアする