1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜シーサイドラインからオリジナルソング第2弾

YouTubeで公開 開業30周年を記念
横浜シーサイドラインからオリジナルソング第2弾

社会 神奈川新聞  2018年09月18日 12:56

オリジナルソングをPRするシーサイドラインプロモーションガール、リアル柴口このみさん=神奈川新聞社
オリジナルソングをPRするシーサイドラインプロモーションガール、リアル柴口このみさん=神奈川新聞社

 横浜シーサイドライン(横浜市金沢区)は、オリジナルソング第2弾「進め、みらいへ!」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。シーサイドラインが2019年7月、開業30周年を迎えるのを記念して制作。同社は、歌で同路線の認知度を上げたいとしている。

 作詞・作曲と歌を手掛けたのは、シーサイドラインプロモーションガールで、「リアル柴口このみ」として活動する幸野ゆりあさん。幸野さんは「シーサイドラインの明るい未来をイメージして、沿線でデートしている光景を歌ったポップなLOVEソング」に仕上げたとコメントしている。

 公開された動画は、車内や海の公園、横浜・八景島シーパラダイスといった沿線の名所で撮影した。

 ユーチューブは、同路線公式ホームページからも視聴可能。今後は、沿線内外のイベントでも披露する予定。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会