1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜シーサイドラインからオリジナルソング第2弾

YouTubeで公開 開業30周年を記念
横浜シーサイドラインからオリジナルソング第2弾

社会 神奈川新聞  2018年09月18日 12:56

オリジナルソングをPRするシーサイドラインプロモーションガール、リアル柴口このみさん=神奈川新聞社
オリジナルソングをPRするシーサイドラインプロモーションガール、リアル柴口このみさん=神奈川新聞社

 横浜シーサイドライン(横浜市金沢区)は、オリジナルソング第2弾「進め、みらいへ!」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。シーサイドラインが2019年7月、開業30周年を迎えるのを記念して制作。同社は、歌で同路線の認知度を上げたいとしている。

 作詞・作曲と歌を手掛けたのは、シーサイドラインプロモーションガールで、「リアル柴口このみ」として活動する幸野ゆりあさん。幸野さんは「シーサイドラインの明るい未来をイメージして、沿線でデートしている光景を歌ったポップなLOVEソング」に仕上げたとコメントしている。

 公開された動画は、車内や海の公園、横浜・八景島シーパラダイスといった沿線の名所で撮影した。

 ユーチューブは、同路線公式ホームページからも視聴可能。今後は、沿線内外のイベントでも披露する予定。


シェアする