1. ホーム
  2. 話題
  3. スイーツW杯シェフ監修 小田原で湘南ゴールドソフト販売

スイーツW杯シェフ監修 小田原で湘南ゴールドソフト販売

話題 神奈川新聞  2018年09月16日 02:00

17日まで限定販売される湘南ゴールドのソフトクリーム
17日まで限定販売される湘南ゴールドのソフトクリーム

 県特産のかんきつ類「湘南ゴールド」を使ったソフトクリームが15日から17日まで、小田原駅東口の地下街「ハルネ小田原」で限定販売されている。果肉や果汁をふんだんに使用しており、果実そのままの濃厚な味が楽しめる。

 2015年に行われたスイーツのワールドカップで優勝した日本代表でキャプテンを務めた江森宏之シェフが、地域農業を応援する「小田原柑橘(かんきつ)倶楽部」と協力してプロデュース。クリーム類を使用せず、果汁や果肉のほかに皮も活用しており、甘さの中に酸味やほろ苦さも感じる。

 初日に行われたセレモニーで、江森シェフは「アロマが口に残る、爽やかで心地よい自信作に仕上がった」とPR。小田原市の加藤憲一市長は「小田原のご当地ソフトは今までありそうでなかった。他の農産物の商品展開にも期待したい」と喜んだ。

 江森シェフらは今後、常設販売を目指すほか、オリーブや梅など他の地場産品を使った商品も検討するという。

 湘南ゴールドのソフトクリームは500円。3日間で1500食を販売し、なくなり次第、終了する。


江森宏之シェフがプロデュースした湘南ゴールドのソフトクリーム
江森宏之シェフがプロデュースした湘南ゴールドのソフトクリーム

湘南ゴールドのソフトクリームをプロデュースした江森宏之シェフ
湘南ゴールドのソフトクリームをプロデュースした江森宏之シェフ

シェアする