1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「犬民カード」を作ろう 動物愛護推進に県と企業が協定

「犬民カード」を作ろう 動物愛護推進に県と企業が協定

政治行政 神奈川新聞  2018年09月11日 10:37

犬民カードをPRする岡崎社長=県庁
犬民カードをPRする岡崎社長=県庁

犬民カードをPRする岡崎社長=県庁
犬民カードをPRする岡崎社長=県庁

 県と国内最大級のペット情報メディアを運営する「PECO」(東京都渋谷区)は10日、動物愛護推進に関する連携協定を結んだ。

 協定では、今月下旬をめどに立ち上げるウェブサイトを通じ、飼い犬の体に埋め込むマイクロチップや、「かながわペットのいのち基金」など県の施策を紹介。動物愛護イベントのPRをはじめ、普及啓発活動に連携して取り組むとしている。

 サイトの登録者には「犬民(けんみん)カード」と銘打った登録証をウェブ上で発行。愛犬の写真や名前、特技、座右の銘といったプロフィルを記載し、愛犬のためのオリジナルカードとして広めていく。

 締結式では、黒岩祐治知事とPECOの岡崎純社長が協定書を交換。知事は犬民カードについて「親近感が高まる。飼い主同士の会話のきっかけになり、輪が広がっていくと思う」と期待を寄せ、岡崎社長は「県とアイデアを出し合い、住民の声を聴きながら、ユーザーの方に喜んでいただけるような取り組みを実現していきたい」と話した。


シェアする