1. ホーム
  2. 社会
  3. 藤沢市、学校給食費値上げ 食材高騰で来年4月から

藤沢市、学校給食費値上げ 食材高騰で来年4月から

社会 神奈川新聞  2018年09月10日 19:40

藤沢市役所
藤沢市役所

 藤沢市教育委員会は10日、市立小中学校と特別支援学校の給食費を2019年4月から引き上げる方針を明らかにした。食材の高騰が主な理由。給食費の改定は、消費税が8%に引き上げられた2014年度以来5年ぶりとなる。同日の市議会9月定例会常任委員会で報告した。

 小学校と特別支援学校(小学部)は400円増の月額4500円、特別支援学校(中・高等部)は400円増の月額5200円、中学校(デリバリー方式)は、1食30円増の330円となる。

 市教委によると、食材は全体的に高騰。17年度の野菜や果物の価格は14年度に比べて約26%上昇し、乾物は2倍以上に値上がりしたものもあったという。

 市は栄養や食の安全、食育などの観点から、国産食材や地場産を使用している。市教委は「これまで献立や使用食材を工夫することで対応してきたが、そろそろ限界が来ている。今後も継続して、安全でおいしい給食を子どもたちに提供していくために、給食費の改定が必要と考えている」と説明した。


シェアする