1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 横須賀で沖縄感じて 9日まで食など楽しむ催し

横須賀で沖縄感じて 9日まで食など楽しむ催し

カルチャー 神奈川新聞  2018年09月09日 02:00

青空の下、伝統芸能「エイサー」を披露する市民グループ=横須賀市小川町
青空の下、伝統芸能「エイサー」を披露する市民グループ=横須賀市小川町

 沖縄の文化やグルメを楽しむイベント「いーちゃ・イチャフェスティバル」が8日、横須賀市役所前公園(同市小川町)などで始まった。

 沖縄そばや海ぶどうなどを提供する模擬店が並んだ。伝統芸能の琉球舞踊やエイサーが会場を盛り上げ、来場者らはオリオンビールや泡盛を傾けながら、休日を満喫していた。

 三線を弾きながら歌声を響かせる「のど自慢大会」では、金澤拓眞さん(45)=同市=が沖縄への旅行中に聴いた曲を奏で、4度目の挑戦にして優勝。「緊張して体が硬くなったけれど、1年間頑張って練習してよかった」と喜んでいた。

 イベントは沖縄出身の市民らでつくる実行委員会が主催。9日も、午前10時から午後6時まで開かれる。


シェアする