1. ホーム
  2. 経済
  3. 創業応援窓口を開設 平塚信金、相模台支店と相模野支店に

創業応援窓口を開設 平塚信金、相模台支店と相模野支店に

経済 神奈川新聞  2018年09月06日 11:02

 平塚信用金庫は9月から、相模原市内の相模台支店(南区南台)と相模野支店(中央区陽光台)に創業応援窓口を開設した。創業を検討している人に対して、これまでよりも早い段階から支援し、創業に結び付けていく。

 同市は2014年、国の産業競争力強化法に基づき、創業支援事業計画を策定した。同計画に基づく特定創業支援事業として、同信金が応援窓口を開設することになった。同市の創業支援事業計画に参加するのは、市内で営業する信用金庫としては初めてという。

 創業を検討している人に対して、同信金職員のアドバイザーが1カ月以上にわたって経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身につくよう4回以上面談して教える。神奈川産業振興センター(横浜市中区)が開設している「よろず支援拠点」の専門家などと連携して創業者を支援する。

 創業者にとっては、株式会社設立時の登録免許税が半額になるほか、通常は事業開始1~2カ月前でないと利用できない創業関連保証が、事業開始6カ月前から利用可能になるなどのメリットがある。

 創業応援窓口の問い合わせは、同金庫経営サポートセンター電話0463(24)3485。


シェアする