1. ホーム
  2. 話題
  3. 伊勢原の大山阿夫利神社寄託 豪雨被害の岡山県総社市へ

伊勢原の大山阿夫利神社寄託 豪雨被害の岡山県総社市へ

話題 神奈川新聞  2018年09月04日 11:42

髙山市長(左)に義援金を手渡す目黒宮司=伊勢原市役所
髙山市長(左)に義援金を手渡す目黒宮司=伊勢原市役所

 伊勢原市大山の大山阿夫利神社の目黒仁宮司は3日、同市役所を訪れ、西日本豪雨で被害を受けた岡山県総社市への義援金50万円を高山松太郎伊勢原市長に手渡した。

 同神社は下社のさい銭箱の横に募金箱を置き、参拝者から善意を集めた。目黒宮司は「一日も早く、総社の方々に復興してほしい」、高山市長は「総社市が復旧へ有効に使っていただければと思う」と話した。

 伊勢原市は昨年、総社市と災害時における相互応援協定を結んでおり、伊勢原市役所などに設けた募金箱に寄せられた義援金と合わせて、今月中旬に総社市へ送る。伊勢原市は8月末までとしていた義援金の受付期間を10月1日までに延長した。

 また、同市自治会連合会は、市内101自治会から集めた義援金77万7956円を伊勢原市を通じて総社市に贈る。


シェアする