1. ホーム
  2. 未曽有に学ぶ
  3. 未曽有に学ぶ〈60〉小坪の津波 12歳で体験 追い続ける(上)

語り継ぐ関東大震災
未曽有に学ぶ〈60〉小坪の津波 12歳で体験 追い続ける(上)

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2004年09月18日公開  

12歳だった95年前に逗子・小坪で体験した津波の状況を語る高嶋フジさん=5月、横須賀市内
12歳だった95年前に逗子・小坪で体験した津波の状況を語る高嶋フジさん=5月、横須賀市内

 「三つ目が一番大きかった。だって、後ろを向いたら、もうちょっとで足がさらわれそうになったんだから」

 95年もの歳月をへて、なお鮮明な「激浪」の記憶。うねりながら迫ってきた海水は、当時12歳だった少女にとってわが身ばかりか、幼い弟の命をも奪いかねない恐ろしいものだった。

 1923(大正12)年9月1日。当時住んでいた逗子・小坪で、高嶋フジ(107)は関東大震災の津波に遭った。今夏、齢(よわい)を一つ重ね、横浜市内の施設に暮らす今も、あの日の記憶はあせることがない。

 「一番下の弟は2歳だった。でも、おんぶする暇なんてなかったから、抱えて逃げた。すごい揺れで、何度も落っことしそうになってしまって」

 震災直前に母が他界。7人きょうだいの長女は、幼い弟を守るため、母の役割も果たさなければならなかった。

 「片方の手で弟を抱え、もう片方でどこかにつかまってね」

 立て続けに起きる強い余震。おぼつかない足取りでどうにか高台へ急いだ。傍らでは豆腐屋の火事が押し寄せた海水で消され、わが家も畳の上まで海水に漬かった。

 きょうだいが命を危険にさらすことになったのは、あちこちで起きる地割れの中に落ちてしまいそうだからと、いったんは浜へ逃げたからだ。着いてほどなく、漁師が叫んだ。「津波が来るから、丘へ上がれ!」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕