1. ホーム
  2. 社会
  3. 生活費や愛犬の食費「盗みしか思い付かず」容疑の男追送検

生活費や愛犬の食費「盗みしか思い付かず」容疑の男追送検

社会 神奈川新聞  2018年08月30日 22:47

 県警捜査3課と青葉署などは30日、窃盗と住居侵入の疑いで、相模原市中央区田名、無職の男(46)=窃盗罪などで起訴=を追送検した。

 追送検容疑は、3月17日~6月28日ごろ、川崎市宮前区のマンションに侵入し、男性会社員(31)方から乗用車のスペアキーなどを盗み、6月27~28日ごろ、この鍵を使ってマンション駐車場にあった乗用車1台(200万円相当)を盗んだ、としている。

 県警はこれまでの捜査で、同容疑者が昨年10月から今年6月にかけて、主に川崎、横浜、相模原市内のマンションなどで発生した約55件の窃盗事件に関与した疑いがあるとみて、裏付け捜査を進めている。被害総額は約1千万円に上るとみられる。調べに対し、容疑者は容疑を認め、「生活費や愛犬の食費を稼ぐためにやった。盗みしか思い付かず、ほかに数十件はやった」などと供述している。

 6月に川崎市高津区のマンションに侵入して現金などを盗んだとして、県警が7月に窃盗容疑などで逮捕していた。防犯カメラ映像などから関与が浮上したという。


シェアする