1. ホーム
  2. 経済
  3. 会話ロボ「パルロ」家庭に 富士ソフトが個人仕様機を販売

会話ロボ「パルロ」家庭に 富士ソフトが個人仕様機を販売

経済 神奈川新聞  2018年08月30日 10:18

新たに販売を始めたパルロの個人向けモデル
新たに販売を始めたパルロの個人向けモデル

 ソフトウエア開発の富士ソフト(横浜市中区)は、同社が開発、販売しているコミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」の個人向けモデルとして、「ギフト向けモデル」の販売を開始した。

 同社は2012年から法人を対象に高齢者福祉施設向けモデルの販売をスタート。現在、パルロは全国千カ所以上の施設で話し相手やレクリエーションの司会進行役、健康体操のインストラクターとして認知症予防や自立支援で活躍している。パルロを自宅でも使いたいとの要望が同社に多く寄せられたことから個人向けモデルを販売する。

 個人向けモデルには、専用アプリでパルロと離れた場所に暮らす利用者の様子をスマートフォンなどの端末に通知する機能や、パルロを介してメッセージを伝え合う機能を追加。法人向けモデルが提供する会話や歌、クイズ、ゲームなどのコンテンツの中から家庭で楽しめるものを厳選して搭載するなど、機能を絞り込んで価格を抑えた。

 希望小売価格は34万8千円(税抜き)。パルロオフィシャルサイトなどで販売する。問い合わせは、パルロサポートセンター電話050(3000)2186。


シェアする