1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉川崎でテロ対策見本市開幕 「死の商人」市民ら抗議

〈時代の正体〉川崎でテロ対策見本市開幕 「死の商人」市民ら抗議

時代の正体 神奈川新聞  2018年08月30日 02:00

見本市参加者に向け会場前で横断幕を掲げる市民ら=川崎市とどろきアリーナ
見本市参加者に向け会場前で横断幕を掲げる市民ら=川崎市とどろきアリーナ

【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市中原区のスポーツ施設「市とどろきアリーナ」で29日、イスラエル企業によるテロ・サイバー攻撃対策製品の見本市が始まった。イスラエルによるパレスチナ占領政策に関与する企業の出展に対し、市民ら約200人が抗議。会場で武器のカタログが展示されていることも判明し、非難を強めた。

 市民らは「軍事見本市をやめろ」「ボイコット!」と書かれた横断幕を掲げ、会場入りする関係者に「死の商人は出ていけ」「人を殺して金もうけをするな」と抗議の声を浴びせた。

 開会セレモニーではヤッファ・ベンアリ駐日イスラエル大使らがあいさつ。イスラエルを中心に米国、日本など6カ国の55社が設けたブースでは、招待を受けた企業関係者らが製品の説明を受ける姿が見られた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする